« March 2004 | メイン | May 2004 »

April 2004 アーカイブ

30-Apr-2004

タイトルを画像にしてみた。

要はダウンロードしたばかりのB系な!?フォントが試してみたかっただけという話もあるが。
この手の字の書き方を「tagging」というんだよ、と光永亮太ファン仲間に教えていただいたところでね。
(当のりょーちんも、ときどきこういうテイストの文字書いてるよね。そのからみで)。

なんでもこの「tagging」、もともとは仲間内の縄張りのしるしとかあぶないクスリの取引の目印とか、とにかく street にいろんな意味で書いてた崩し字的なマークが起源らしいんだけど、日本に輸入された時点で既に「アート」もしくは「悪ガキのいたずら」のみの意味になった、というところか。(いや、いわゆる「ワル」の場合「縄張り」くらいの意味は残ってるかもしれない)。
実際、街に落書きなんてことはしないで、文字のテイストのみをカリグラフィ的に楽しんでる人もいるみたいだし。
おそらくりょーちんもそのひとり。(りょーちん本人も、小学生だか中学生だかの頃、高速道路の橋脚においたしたこともあったらしいけど、あの当時にはまだ「tagging」は日本には上陸してなかったみたいだから、ソレとコレとは別物と考えるべきでしょう)

街にほんとに落書きしてちゃしかたないけど(2児の母となったわたしも、現実には進んで落書きを消そうかという立場になってもおかしくないところである)、合成写真で空に tagging するのは悪くないかってことで。

Abstract Fonts - 10,000 Free Fonts for Download
このサイトに紹介されていた「Eastside Motel」というフォントを使ってみたんだな。
ディテールはいくらか違うところも多いんだけど、 tagging っぽいフォントの中でいちばん雰囲気がりょーちんのそれに近かったものを選んだって要はそういうことなんだけどさ。 笑
このフォントはできればわたしのようなノンジャンル音楽リスナー(別名ハンパ者)でなくて、真性B-BOY & B-GIRL におすすめかもね。

29-Apr-2004

リミックスイパーイ!

と、あえて2ちゃんねるめいた言葉遣いをさせていただいたのも、実はこのサイトの主催者というのが、「ハウス」という言葉をあえて違う意味に捉えて音楽で遊んじゃったあのムーヴメント「Muneohouse」シーンを盛り上げたひとりだから。
実は古い古い知り合いで、いろんなことを教えてもらったある意味「先輩」的存在なんだけど、この人がムネオしてた頃はちょうどわたしが次女の育児で多忙だったこともあってちょいと疎遠になっていた時期で、この方の作品とは知らずに聴いて爆笑してました(笑)

実はアイドルマニアックな方だけに(ごめんなさいごめんなさい)70~80年代アイドルのリミックスシリーズはなかなか冴えてます。
あと、アダルトネタも大丈夫な方には、金子功とは関係ない「Pink house」(そうです。PinkHouseなんです!)関係の曲も楽しいですよん。
(よって18歳未満の方は念のため「Pink house」って書いてあるリンクはつつかないように。 笑)

[naos sound web]

24-Apr-2004

久々に見たぞ、動く向谷実

4月22日未明。
ある友達からひらがなだらけのメールが届きました。

たもりくらぶにむかいや~~(緊急

そう。20年もファンだというのに「針中野ミュージック」開設以降一度もネタにしていないグループがありました。
その名はカシオペア!
わたしと同じくらいかそれ以上のファンだと「やっぱりカシオペアは桜井~神保やね」という人が多いんだけど、ひねくれ者のわたしは事実上オリジナルメンバーだといってもいい(佐々木さんゴメンナサイ)「桜井~神保」がスペシャルなものであることを認めつつも、鳴瀬喜博参加以降のカシオペアにも違う持ち味があると思っているし、それはそれで好きです。

さてと、メンバーの中で誰が好きかって、これは20年間ずっと向谷実です。
露骨に申し上げますと外見はぜんぜん男前ではありません。アボカドに似てます(ごめんなさいごめんなさい)
しかし…… やはりこの方は大御所キーボーディストであり、めったに他人をコンポーザーと認めたとは言わない野呂一生ですら頷いたコンポーザーです。
向谷さんのつくるメロディやコードワーク、そしてキーボードソロに何度とろけさせられましたか。特にアコースティックピアノでもエレクトリックピアノでも、とにかくピアノとつくものを弾かせたらそりゃもう即ノックアウトもの!
大体毎年カシオペアの新譜を買った直後も、時間があればまず1枚流して聴きますが、時間がない場合はまず向谷作品だけピックアップしてぱぱっと聴いちゃうくらいですから……
外見はおいといて、この人の音楽性はぜったい男前です。断言しちゃいます! (と言いつつ、ノリのいい曲になると「3の線」で遊び心満載なプレイも聴かせてくれたりもして、これがまた楽しいんだ)
ついでにMCが絶品。別名「司会屋実」とはファンはいまさらもう言わないくらい。人気が全盛だった80年代半ばには、向谷氏のMCを聴きにコンサートに来る関西人がいるとかいないとかいう冗談が出てくるほどでした。
そして近年は鉄道ゲームのプロデュースもするほどの超絶鉄道マニアとして有名。

大阪では22日未明(放送業界の時間で言う21日深夜)に放映された「タモリ倶楽部」でも、向谷さんは鉄道マニアとして出演されたのでした。しかしロケバスの中にはちゃんとキーボードも用意されていて、ちゃんと本職の顔も見せてくださることが期待できそうな展開。

人の乗る列車にはちょっと興味がなきにしもあらずですが、貨物列車にはあまり興味がないので、本題だったはずの貨物列車の話題のほうはほとんど忘れてしまいました。わたしが見たかったのは、やっぱりキーボードを弾く向谷さんですから。
鍵盤ハーモニカのようなちっちゃなキーボードが、図体の大きな向谷さんにはすごーく窮屈そうだったのですが、それでもプロですからバッチリ弾いてらっしゃいました。(でも向谷さんにはやっぱり普通サイズのキーのほうが似合います。そういえば80年代に持っていたショルダーキーボードだって、向谷さんはフルサイズキーのついたKX-1でした)
九州新幹線「つばめ」の発車メロディと車内メロディは向谷さんの作品だそうで。番組中でも実際に弾いてらっしゃいました。ジングル並の短いメロディながらしっかり向谷風味がきいてます♪
そして山手線の発車メロディだか車内メロディだかのいずれかをラップ風にアレンジしてみましょうって、弾いてたメロディがハネハネにアレンジされた「FIGHTMAN」だったのには大笑い!

友達には

しかし…… うすくなったなあ(こら)

と、緊急情報お礼のメールに書き添えておいたのでした。
むりもありません。もう47歳だもんなぁ。1985年に出したソロアルバム「ミノルランド(Welcome to the Minoru's Land)」の頃には幼児だった娘と息子も、いまや大人。わたしの記憶が間違っていなければ、お嬢さんのほうは光永亮太と同じくらいの歳じゃなかったかと……。

CASIOPEA Official page
音楽館 Train Simulator Online -Soft Information-
Train Simulator KYUSHU SHINKANSEN の特設ページ。
「つばめ」の発車&車内メロディも試聴できます。

(メールだけど、本文だけでは本人が特定できないと判断して勝手に載せました。すまぬよ>友達)

その検索キーワードで来るか?

Yahoo!検索 - パンチラ・名探偵コナン

で、この方がどこのページにたどり着いたかと言いますと……

[R-Addiction : Life Goes On ("Always" special)]
確かに「名探偵コナン」も「パンチラ」も登場はしますが、蘭ちゃんや灰原哀ちゃんのパンチラの話題はなさそうなのが一目瞭然。なぜかこの方、このあとトップページを経由して、森山直太朗くんとの懇親のバトル(笑)をちらりと覗いてお帰りになられました。ということは、その手のコンテンツが目的ではなかったということなのでしょうか?
まったくもって謎です。 笑

そういえば、わたしが一度も会ったことないのがウソなくらいネット上で親しくしている方が、よく自分のサイトをパンツ関係のキーワードで検索してくるヤツがいる、とボヤいているのですが……
なんだかんだ言って、日本中にパンツネタが好きな人は多いのね。きっと。 笑

そ、そうだ、V6とMaxi Priestを近々追加しなくては……。

22-Apr-2004

CCCDを憎んで中身を憎まず。

昨日誕生日だったから、というわけでもないけど、ちょっと考えを整理してみた。

プレイヤーの故障や機能不調を引き起こす可能性が高い上、それらに対する保証・保障・補償はなにもない
実際わたしが長年使ってきたポータブルプレイヤーのESP機能もだめになってしまった
PCに取り込んだ音源を合法的に使う楽しみや自由がない。
この間作ったヴァーチャルコンピレーションに本当は入れたかった曲がCCCDで、結局断念した
PCに入れると勝手にインストールする専用プレイヤーがこれまた結構バカで。CPUパワーの食いすぎには呆れた。
ちゃんとした環境で聴けば音も悪いというし。
これはレコード会社やアーティスト・制作スタッフ側もかなり配慮や対策をしているらしいが、だいたいCD工場の選定なんて本来アーティストがやらなきゃいけない仕事ではないはず。

こんなにバカなことばかりのCCCD!
誰がこんなもの進んで買いたくなるんだか。

だけど、だけど、CCCDだから聴く価値がないのか? それは違う。
なんでCCCDであることを承知で買うのか?
コンテンツ、つまりは楽曲が好き(もしくは好きになれそう)だから。
それ以外のなにものでもない。

そして、CCCDやレーベルゲートでのリリースしか選べないアーティストたちもいるという事実。それらの多くはメジャーデビューして1年とか2年とか、とにかく日がたたない新進気鋭のアーティストだったり、たくさん数がはけるわけではないけど、地道にいい歌を出して活動を続けてきている人だったり。

CCCDを拒否してCD-EXTRAを選ぶアーティストたちにも、もちろんわたしは拍手を送りたい。
但し、そんな選択肢があるのは、大抵がCDづくりにお金をかけられるし、各所に対して発言権も大きい大物アーティストたち。
彼らの作品だけを買って、さっきのような人たちの作品を、CCCDやレーベルゲートであるというだけの理由で拒否したらどうなる?
少し前から問題になっている「大物アーティストだけのひとり勝ち市場」がますます促進されることをわたしは懸念する。音楽をはじめとするエンタテインメントシーンには下剋上があってしかるべきではないのか?

CCCDを憎んで中身を憎まず。
これがわたしがいまとりたいスタンスである。

※22-Apr.-2004
18時過ぎ、文章の大意に変更はないが、常体・敬体の乱れがあるので整え、また<strong>タグを若干追加するなど、少々の加筆訂正を行った。

19-Apr-2004

「10回言って」

小学校2年の長女に古典的なアレをやってみた。
「ピザって10回言うてー」
「ピザピザ…… ピザ!」
「これは?(肘)」
「……ひざっ!」

まだまだ2年生、甘いな。
ついでにこんなこともやってみた。

「森山直太朗って10回言うてみて」
「もり・やま・なお・たろ・う。もりやまなおたろう、
よりなま……

10回言ったら「おつかれさまでしたー!」って締めてやろうと思ったのにな。
これ、学生時代にバイト仲間にやられたの。
しかも「森山直太朗」なんてもんじゃないぞ。
ソビエト社会主義共和国連邦」って10回言わされた挙句なんだからね。

電池コレクション

電池コレクション

今日は上新電機へ乾電池のストックを買いに行ってきた。マンガンの単2と単3、アルカリの単3と単4。
単3は全部パナソニックで揃えて買って帰ってきたので、かねて買ってあったオキシライドとならべて、松下の乾電池の3世代が揃い踏み~♪

と、ここで思った。子どもの頃よく見た、赤いマンガン電池ってどうなったのよ?

調べているうちにふと寄り道してはまっちゃったのが、ここです。
モバイルコンピューティング大好きだったこともあって、わたしも同世代の他の女性よりは電池に興味があるほうだと自覚しているが、さすがにここまでマニアではないぞ。
赤どころかもうワンランク下の青いナショナルマンガン電池まであったなんて!
むりもないんですけどね、日本の店頭で売られているわけじゃないんだから……。

電池も奥が深いのね。


追伸。本題のはずだった「赤いマンガン電池」は、少なくとも一般にはもう売られていないようです。
ナショナルの商品ラインナップによれば、マンガンは黒に一本化されちゃったみたいですね。

18-Apr-2004

化粧惑星 サンブロックN

化粧惑星|商品情報 | スキンケア (化粧惑星 サンブロックNの紹介ページ)

昨年秋、長女の運動会で日焼け止めを忘れたのに気づいてあわててコンビニで間に合わせに買ったやつ。
ところがこれが思いのほか良い!
夏かと思うほど暑かった昨年秋の運動会でも、これのおかげでほとんど焼けなかったことを思い出して、昨日はNEW BREEZE(野外コンサート)にこれを使いました。
天気が良くてかなり紫外線量が凄かったはずなんですが、顔も腕も長時間戸外にいたとは思えないコンディション。

つけごこちのべたつき感が少ないことと、材料臭をうまくカヴァーしているグレープフルーツのほのかな香りもいいです。たかがコンビニコスメとあなどらないで使ってみて!

余談
昨日のマスカラはソニアのルガール マジク(4番)でした。
汗にはかなり強いのね。ぜんぜんにじまず。これもおすすめ♪

802 15 special
HIRO T'S MORNING JAM presents
NEW BREEZE

ついに体験してまいりました、NEW BRIEFS!! じゃないや、NEW BREEZE!!
家庭の事情で、2組目の高鈴から7組目のサンタラまでの6アーティストしか観られませんでした。途中から入って途中で抜けるというつまみ食い形式での観覧で残念ではあったのですが、それでも1200円の元は充分取れました。

続きを読む "802 15 special
HIRO T'S MORNING JAM presents
NEW BREEZE" »

17-Apr-2004

単3リチウム電池

製品ラインアップ_単3リチウム電池 (富士フイルム公式ウェブサイトより)
そういえば、アルカリでも物足りないときはよくこれのお世話になってたっけ。
お値段はアルカリの倍くらいする上に、カメラ屋さんとか大きな電気屋さんにしかないのはつらいけど、アルカリの3~4倍パワーがもつことを考えれば、コストパフォーマンスは似たようなものかむしろいいくらいだったかも。その上、軽さと保存性が抜群(このうち「保存性」は真価を発揮する前に使ってしまったものですけどね)。電池でも使える CASSIOPEIA A-51 を使ってた頃にはしょっちゅうお世話になったものです。あと、ポータブルCDプレイヤーにももってこいでした。

ところでどなたか、単3リチウム電池とオキシライド乾電池を勝負させてくれる人、いませんか? 単3リチウムファンでもあるわたくしとしては、両者の持ち味の違いが是非知りたい気がします。お値段覚悟で性能をとるならリチウム、入手しやすさと電圧はオキシライド、情報収集をする限りはそんな感じに見えますが……

ココログと[dopvCOMET*]でページ解析(2)

先日紹介した、Javascriptでページ名を自動生成する小技。
ちょっと弱点を発見したのでデバッグすることにした。

続きを読む "ココログと[dopvCOMET*]でページ解析(2)" »

16-Apr-2004

意外なそっくりさん!?

形が似てるので暗いところでは間違えるかもしれない。

ミニマグライトAAA(単4 x 2本)
SHISEIDO The Makeup(エクストラレングスマスカラ)

重さや色や質感は全然似てないんだけどね。


資生堂のマスカラ、なかなかよ。3500円出しただけのことはあるよん。
粉が少し落ちるのが微妙に難点だけど、にじまなくて払えば終わりだし、ごく微量なので許す。

一度マスカラをつけたまま風呂に入って実験したことがある。ただし洗顔だけは実験が終わるまでしないってことで。結果。シャンプーするとさすがにダメだけど、首から上をいじらなければ風呂の湿気にも耐えた。
これならライヴで感動的な曲を聴いちゃって思わず涙しても文句なし(実はそのために買ったという話もないではない。昨年10月に買ったからそろそろ買い替え時か?)。

仕上がり、長さはさすがによく出る。なおかつヴォリュームもそこそこ。
このヴォリューム加減、ヴォリュームを強調するマスカラに慣れた人には「繊細な仕上がり」と感じられるそうな。逆に、ソニアの「ルガール シネマ」みたいな繊細系マスカラのほうに慣れていると(わたしは本来こっちの路線が好きなので)、なかなかのヴォリュームに感じる。
そこそこ適度なメイク効果をもったヴォリューム感、と思えばいいかな。

ちなみにわたしが選んだ色は「L3」。別名「BLEU PROFOND」。またの名を「DEEP BLUE」。ええ、色名で選んだのみえみえ。 笑
IBMのスーパーコンピュータとは関係ないよ)
たしかにこれ、明るいところでは「紺」じゃなく「青」として発色するな。
意外なくらい鮮やかな「限りなく深い青」。

電話コレクションのページ

稲垣潤一の初期作品に「コインひとつのエピローグ」なる曲がある。
空港のロビーから、おそらくは新しい恋人と旅立とうとする女がかけてきた最後の電話。それを受ける男が主人公である。女がなにかを言おうとしたとき、通話料切れで電話が切れてしまうという結末だった。本当の恋をまだ知らなかった中学2年当時ですら、この情景の切なさは胸に迫った。女がなにを言おうとしたのか想像するのもこの作品の楽しみのひとつだった。どこかの音楽雑誌には「あえてコインを足さなかった」女の姿を描いたショートストーリーも載せられたような記憶がある。
この曲はシングルカットされてはおらず、アルバム『SHYLIGHTS』に収録されている。1982年2月の作品。携帯電話はおろか、テレカすら世に出回っていない時代だ。
あの当時女がかけていた電話は赤か青か黄色。曲のイメージからすると黄色だろうか。そのいずれの電話も平成6年だか7年だかにすべて撤去され、緑かグレイの電話に舞台を譲った。

テレカが普及した1988年にも、やっぱり詩情ではコインが勝るのか、渡辺直樹のセカンドアルバム『STAR CHILD』に「最後のコイン」という歌がある。
時代からいうと緑の電話の可能性が高い。最後のコインが落ちる前に愛を告げられるだろうか。J-AOR的な大人の語り口の歌だが、描かれている心理は可愛い。
時を経ること15年後に歌われた、毎朝彼女からメールが来てないか人知れず携帯電話をチェックする男に匹敵する可愛らしさだ。この男が登場する歌の出典はとりあえず割愛させていただく。
この手の可愛い男たちにはついぐぐっときてしまうものである。いや、わたしの場合なんだけど。

電話コレクションのページ
懐かしい電話や、もっともっと古い電話のコレクションがいっぱい。
このページを見てふと思い出したのだった。

15-Apr-2004

クラシックとポピュラーの違い

クラシック売り場は作曲家別に、それ以外の売り場は歌手や奏者でCDが分かれている。
もちろんそれ以前に演奏スタイルやジャンルでの分類があったり、ちょっとした例外はあるんだろうけど。
要は何を以て楽曲のアイデンティティとするかの感覚の違いが、こんなところにも表れているのかな、と。

このへんの感覚がまるっきりポップス寄りのわたしとしては、ドビュッシーの「夢」を Silver Fins あるいは LOVE PSYCHEDELICO ライクなアレンジで演奏したら、出だしのあのフレーズなんかかなりかっこいいリフになるんじゃないのかな、そういうことなど考えてしまうんだけど……

14-Apr-2004

風呂に1年入っていない男

若い頃、小さなソフトウェア会社につとめていた。
昼休み、ある男子社員が、なんの話題からそっちに行ったか忘れたんだがこう言った。
「おれここ1年くらい風呂に入ってないで?」
「うっそー!」


続きを読む "風呂に1年入っていない男" »

12-Apr-2004

CCCD、だからイヤなんだよう!

久々にクラシックをと思い、ポータブルプレイヤーにポール・トルトゥリエのフォーレ・チェロソナタ集をセットしました。
当然普通のCD-DAです。だからESP(先読み=音飛び防止)システムも当然動くものだろうと思ったら甘かった。
4秒めくらいで、こわれたレコードみたいに同じフレーズをぐるぐるしはじめます。
あかんがなー!
ESPを切ると、正常に演奏します。

これ、CCCDを聴き始めるまでは当然なかった現象です。
まあ、1995年に買ったボロい機種なのでプレイヤー自身の劣化という要素もあるのでしょうが。
やっぱり気に入りません。

でも、CCCDでないと聴けない音楽の抗いがたい誘惑があるのも確かで……
そして、それなりの大物にならない限り、
アーティスト側はメディアを選びづらい現実もあるわけで。

(不買せずしてCCCDに反対、という立場をとっているのはそういう理由です。
 メディアを選ぶ権限のまだ与えられないような若手アーティストなればこそ、
 手に入れる価値のある楽曲を出しているなら買うことで、
 微力ながらも彼らを、新しい音楽を、育てる一助になれないかと思うのです)

レコード会社さま。
これ以上わたしたちを、そしてミュージシャンやレコーディングスタッフを悩ませないでください……

オキシライド乾電池

ずっと「ダスキン」一辺倒だったFM802の時報に、4月に入ってからニューフェイスが加わりました。

Panasonic オキシライド乾電池
802時報の広告効果、おそるべし! 思わず買っちゃった。 笑

パワフルすぎるので、豆電球式懐中電灯に使ってはダメなんだって。
CDプレイヤーの電池が切れたらこいつに替えてみようっと。
ごめんなさい、今日はこれだけ。使用感など、また使ってみたら報告しますね♪

11-Apr-2004

アクセス解析導入、ページ解析もOK!

ココログのおまけについてくるアクセス解析機能のみではちょっと物足りないので、運営しているファンサイトに設置しているものと同じアクセス解析ソフト「dopvCOMET*」を導入してみました。
ちょっとした小枝、もとい小技を使って、ページごとの解析もばっちりOK。

実はダンナも昨年暮れからココログでブロガーしてるんだけど、ダンナが使っているフリーのアクセス解析でココログを解析しても、ページごとの解析はできないんだとか。
ちょっとだけダンナに勝ったぜ~♪ うっしっし♪

ってケチなことを言うのはやっぱりやめて、っと…… もしかするとフリーのレンタルものを含めて、他のアクセス解析法にも応用できる可能性があるので、気になる方は続きを読んでみてくださいませ♪

続きを読む "アクセス解析導入、ページ解析もOK!" »

10-Apr-2004

その手の顔 -- 掲示板から --

[Vitamin C : Simple Pleasures] -- COVERそっくりショー(こら) --

嵐の二宮和也くん、岡田義徳くん、んでもってスキマスイッチのアフロじゃない、すなわちヴォーカリストのほうの大橋卓弥くん。
以上が現在、COVERの何でも屋さん・新田雄一くんと雰囲気の似ている人として挙がってます(笑)

ネットで拾い集めた4人の写真をならべて見比べてみたんだけど、鼻はどうもみんな他人のような気がします。
ポイントは目と唇と、あとパーツのつきかたのバランスが端正なところかな。

わたしのイチオシでもある大橋くんですが、他の3人よりはちょっとおっとり感があるかも。

Google 検索: 二宮和也 (画像検索):写真の流出が厳しいので、なかなか拾えません。
AMUSE (AMUSE公式サイトより、岡田義徳の紹介ページ)
スキマスイッチ (要FLASH PLAYER)
COVER OFFICIAL WEBSITE

7-Apr-2004

大地「参照」。

……って、タイトルでおちゃらけても佐藤眞先生はお怒りになるでしょうか。 笑

それはさておき。
先に書いた『「大地讃頌」問題、ちょっと追記。』へのコメントで、とてもためになる記事をご紹介いただけましたので、改めて記事化させていただきます。yukattiさん、色々とありがとうございます!

「香雪ジャーナル」より(yukatti さん)
続・PE'Zの「大地讃頌」出荷停止問題――朝日新聞4/3夕刊記事より
コメントをくださった yukatti さんの記事。事件について詳細に報じている朝日新聞の記事をわかりやすく解説。
マキシシングルの発売前に佐藤先生側は事前抗議をされていたということで、いきなり法的手段に訴えてきたわけではないことがわかる。また、東芝EMI側に事務手続き面でいくつか不備があった模様(但し、ポピュラーミュージック同士のカヴァーであれば問題ない手続きをふんでいたようでもある)。
著作物の同一性保持権・著作人格権など、事務処理ではすまない著作権問題の処理の難しさも指摘される。

のちほど紹介する増田さんの指摘のように、現行法のありかたがクラシック以外の音楽についていけていない現実を考えると、朝日の記事が若干佐藤先生寄りっぽく見えるのはしかたない部分があるかも。

「ロック少年リハビリ日記」より(増田さん)
ゾロ目/「大地讃頌」問題のまとめ
yukatti さんがおすすめしてくださった記事。無知と専門外に邪魔されてわたしにはうまく考察できなかった部分が、きちんとクリアになっていて目からコンタクトレ…… もとい、うろこが落ちた気がします。

特に現行の法のシステム自身が「クラシック音楽の時代」にできたもので、それ以外の音楽にはついていけてない、というあたりに大きく頷きました…… やっぱり今後、色々な音楽のジャンルに対応できる音楽著作権やその周辺の権利のありかたが必要だと確信しました。

いずれの記事も「大地讃頌」問題に興味のある方は必読です。

BCA 佐藤 眞
BCA(日本の現代作曲家達による組織)による、佐藤眞氏の公式サイト。
ちなみに佐藤氏のいくらかの作品が試聴できますが、
かの有名な唱歌「ふるさと」の壮大で美しいアレンジもあります。

+PE'Z
PE'Zの公式サイト。
この件について正式なコメントがなされています
前にもこのリンクは書いたんだけど、公平を期する意味でもう一回ね。 笑

6-Apr-2004

わさびの種。

みながわ製菓
わさびの種(同社販売サイト内)
コンビニに売ってたので買って食べてみました。なかなかさっぱりしてて、わさびがつーんとして、いい感じです。
ただ問題は子どもたちがおいしそうな米菓特有の香りをかぎつけて欲しがるんだよね。
お子様のいらっしゃる方は、子どもが食べられる味付けのお菓子と一緒に買いましょう。 笑

かなりわさびがきいているので、わさびが苦手な方は本気でやめたほうがいいです。

「大地讃頌」問題、ちょっと追記。

よく考えたらクラシックの世界にだって「○○の主題による変奏曲」なんてものはいくらでもあるじゃん。
佐藤先生、PE'Zのバージョンを「佐藤眞の主題による『大地讃頌』変奏曲」と考えることはできなかったのかな……

といっても、(広義の、すなわちバロックから現代音楽までを含んだ意味での)クラシックって、ポップスやロックとは全然違う場所でデリケートな扱いを要求されるところがあるんだね。
BGMがわりに近代フランスの印象派を聴く程度のわたしには、純正律とか平均律とかまるで聞き分けられないんだけど(本格的に合唱や弦楽器・管楽器に携わる人にはわかるらしい)そういった楽器や声の微細なチューニングまでを「楽曲の一部、欠かせない要素」であると考え抜いて作った曲とか。
確かにそれはそれで、作曲者の意図どおりに考え抜かれたままを再現することにすごく意味はあると思うけど……

引き続きこの問題、わたしなりに追いかけていこうと思っています。

「やるな、PE'Z」という記事に「追記」として本体に書き足していたのですが、一度公開してしかもコメントまでいただいたものに手を入れすぎるのもなんだと思いましたので、別記事として独立させてみました。

5-Apr-2004

こんなキーワードで検索する奴。

Yahoo!検索 - 後家のSEX

「SEX」は音楽ユニットのSEXの話題を拾ったんだろうということで納得できるけど、後家ってなによ後家って! うちのダンナはぴんぴんしてるっつーの。

そこでリンク元を辿ると……。
SEXの朝倉さんがSalon Musicの竹中さんと組んだSilver Finsはかなり気に入ったので……」
「光永亮太の名を初めて目にしたわたしは、帰宅家のPCで公式サイトをチェックしました」

タイムスタンプ、14時57分21秒。
夕暮れを待てずに未亡人との情事を夢見た「skipped beat」なおじさん、残念でした。

ええねん♪ ええねん♪

今朝、FM802の「HIRO T's Morning Jam」の6時台の最後に、イベントの宣伝がらみで亮太くんの「君が好きだから…」がかかっていました。この曲、去年の11月から12月にかけて6時台や8時台のシメにかなり頻繁に使われてたんですよね。実際、その位置にこの曲をもってくると、聴いているほうもなんだか据わりのいい感じで落ち着くんです。
そういえばこの曲が最初に千葉のbayfmで「タイトル未定曲」として演奏されたとき、ファンの誰かが「ドラマのエンディングみたいな曲」と言ってたような気がするけど。6時台のエンディングってわけね。なるほど。納得。

さて、7時を過ぎて、そのままFM802を聴きながら朝ごはんをつくっていると、まず「SOUL SOURCE PRODUCTION」という名前が耳につきました。SOUL SOURCEといえば、主宰されている箭内健一って亮太くんのアルバムでも名前を見かける方じゃないですか。そのベスト・ワークスアルバム『SOUL SOURCE WORKS』にはこれまたりょーちんとは浅からぬ縁のある菅波昌平&矢野睦のユニット「RACLA」も参加。
個人的に、光永亮太の曲の中でも、箭内さんや菅波さんが関係している曲や、矢野さんの歌詞はかなり気に入ってるので(たまにはSinさんじゃなくて菅波さんの曲でシングル出したりしてもいいのにと思う……)、この「SOUL SOURCE」関係にもちょっとつばつけておこうかな、っと。
『SOUL SOURCE WORKS』@OTOSHOP FM802 Music Online

それから河口恭吾の新作「愛の歌」。ふむ。口の悪いやつは前作の2番煎じとか言いそうだけど、2作目は1作目で捕まえたファンを「にわか」にしない意味でも、ある程度路線を固定したほうがいいのかもね。

次いで流れてきたのが高齢、じゃない、高鈴の来月出るアルバムの中の曲「すれ違い」。
ああ、やっぱり高稲さんの声いいわぁ。このアルバムも要ブックマーク確定!

交通情報に続いてスポンサーが大正製薬の「LIPO-D SOUND FACTORY」のコーナーに。
ウルフルズの「ええねん」でコーナースタート。「おっ、久しぶり」と思いながら卵をかきまぜているうちに、トータス松本の男くさーい声に混じって幼女の声が…… この冬いやというほどオンエアされていたのを聴いて「ええねん」がすっかり気に入ってしまった3歳の次女が「ええねん」で目を覚ましたようです。わかるところだけ「ええねん♪ ええねん♪」と歌う声が台所にだんだん近づいて……
ええねん!

このあとダンナを起こして、できあがった朝食を食べるのですが、ダンナが起きてから出勤するまでは
「結婚前から慣れ親しんだ毎日放送ラジオじゃないと時間のリズムがとれない」(ダンナ)
ということで、802タイムは8時過ぎまでしばし休憩なのでした。
(実はおいらも「歌のない歌謡曲」の豊島美雪さん好きだし)

※ちなみに「箭内」を「やない」と読むと今頃気づいた不埒な光永亮太ファンとは何を隠そう、わたしだ。

4-Apr-2004

やるな、PE'Z

「くまたろうMusic Style MM」Vol.62 (2004/4/4)
くまたろうMusic Style

お読みいただきたいのは「編集後記」。
先日カヴァー問題がニュースになったPE'Zだけど、
昨夜のライヴでなんとも粋なことをしてくれた模様。


で、昨日のライヴのオープニング。
問題の「大地讃頌」のイントロが流れ、主旋律を1音だけ吹いたら
すぐに別の曲に切り替えて大盛り上がり!

実はわたくしこのメルマガとってるんですけど、届いたのを読んだ瞬間
「PE'Z、やるじゃん!」と思いました。
若い頃読んだ本で、「粋」は「意気」からきてるんだってのを思い出しました。

わたし自身は作曲者の佐藤眞氏について、必ずしもその要求自体は不当だと思っていません。但し、仮処分申請などの法的措置に走る前に、それ以外のやり方はなかったのかという思いはありますが。ジャンルを異にするとはいえ、同じ音楽家としてPE'Zサイドとまず話し合う、ということはできなかったのかと。

(7-Apr.-2004 佐藤氏はマキシ発売の直前に一度東芝EMIに抗議していました。
たいへん失礼いたしました)

というのもこの問題、事件直後にここに書き込んでからしばらく考えたのですが、思うにそれは音楽が作曲者の意図に忠実に(少なくとも、作編曲者が作った楽譜のとおりに)演奏されるのが普通である世界と、アレンジ次第でどんどん質の違う音楽を作り出すのがあたりまえな世界との、ふたつの違う常識をもった世界の住人同士が引き起こしたトラブルではないかと。

国が違えば法律や慣習も違います。でも国をまたいでなにかが必要なとき「条約」なんかがあります。
たとえば国を跨いで罪を犯すものが現われた場合どちらの国の法でどう裁くか、とか。

音楽だってジャンルをまたいで何かをやりたい、あるいは実際にやっちゃうということはいくらでもあることで、音楽に関係する法律もまた国をまたいでの「条約」のように、いろんな常識をもつ場所、つまりジャンルに対応しうるものでなければならないはず。

願わくば、佐藤さんもPE'Zも一緒に笑えるような音楽著作権や著作物人格権のありかたが確立できるといいのですけど…… 難しいだろうなぁ。ううう。

おばさんは怒ってるんだぞ!

インターネットを使うなら、ウイルス対策ソフトくらいインストールしてください!

毎日少なくとも2~3通、多くて10通くらいの「Netsky」各種がノートンくんに阻止されてます。
つまり、わたし自身に関してはあまり実害はないんだけど、あの警告ダイアログを日に何度も見せられるのは気持ちのいいものではありません。逆に言えば、それらのメールの送り主たちは、対策ソフトを使わずにインターネットにアクセスしているほかのユーザにそれだけウイルスをうつしまくっているということでもある訳で。
だけど、ウイルスメールの差出人は悪意のある人ではなく、要するにウイルスの被害者なのですな。

あなたのPCを被害者にも加害者にもしないために(ミスチルじゃないけど……) どうかウイルス対策はちゃんとしてくださいまし。おばさんのお願いなのでした。

新しい土曜日

ついにしょうちゃんのいない最初の土曜日が来てしまった。
12時が来るまでしんみりしてたのに……。

お昼、しかも長丁場の番組に戸惑いを隠せない様子も見せつつ、持ち前の陽気さでハイテンションに番組を進めていくのは、夜の顔でおなじみのマーキーじゃありませんか!

東京下町出身、渋めの優しい共通語でメロウな土曜の午後を演出してくれたしょうちゃんが恋しくならないといえば嘘にはなるけど。
「お日様にあたっても溶けちゃダメだよ」なんて夜の顔を知っているファンたちにBBSやリクエストで声をかけられつつ、番組をどんどんマーキーカラーに塗り替えていく様はさすが。鮮やかである。
邦楽カウントダウンの「J-HITS TOP20」が終わる頃には早くも
「新しいテイストの土曜日にもなじめそうだな」
そんな気がしてきた。

ユーミンの懐かしい歌とは違って、当分土曜日は大キライ、にはなれないな。たぶん。

3-Apr-2004

illegal(!?) use of 辞書ツール

辞書ツール

ほとんど固有名詞、それもほとんど音楽関係者の登録にしか使ってないわたしを許してください。この登録のおかげで、直太朗くんや泰一朗くんの「朗」を「郎」と間違えないで済んでいるのですから。こういう使い方も、ないことはない、あることはある、ということで。えへへ。

ちなみに「みつながたいちろう」と10回言わせてから
『「生きとし生ける物へ」って誰が歌ってる?』
って聞いてみると、数人にひとりは「もりなが」と口走る、に10チョコフレーク(意味ナシ)。

1-Apr-2004

エイプリルフール総決算。

  • わたしの掲示板に

    COVERの新作がFM802の邦楽Heavy Lotationに選ばれた!

    (注:本当はサンボマスター)

  • 友達の掲示板に その1)

    (わたしが)昨日3500gの男児を出産しました。

  • 友達の掲示板に その2)

    豆大根(森山直太朗)がNHKの女子アナと結婚する。

    (森山直太朗を「豆大根」と呼んでいる時点で掲示板のターゲットもほぼ確定)

  • 友達の掲示板に その3)

    光永亮太が今度の写真週刊誌に女性ラッパーとの交際がらみで載るらしい。

そして以下が、この記事の内容として4月1日いっぱいのせてあったもの↓

光永亮太、ドリーミュージックに移籍

……しません!
だいたい今日が何月何日だと思っておいでで?

光永亮太オフィシャルサイト(本物)
(ちゃーんと「Pony Canyon」って書いてるでしょ?
 わたしを含めファンの多くが更新しないかなーとキリンさんモードです)

キリンさんモードなのは、嘘じゃないからね。

* comments *

* trackbacks *

* Drecom RSS *

Powered by
Movable Type 3.36